ヘタレ生活職の手記

銀色ファッコン裏話編

ファッコンも終わったその日の深夜・・・・
うちは宿の部屋でファッコンのことを日記(ブログ)に書いていた。
しかし、うまく記事にする事ができず、筆も完全に止まってしまった頃
ふと部屋の入り口の方を見ると一通の便箋が・・・・・
完全に煮詰まってしまったので、気晴らしになると思い
その便箋を手にとって見た・・・・・・・

さて、どうしよう・・・・?

注:銀色ファッションコンテストの詳細はひとつ下の記事をごらんください。
  今回はかな~り適当且ついい加減風味なので・・・・
  そこのところを理解したうえでお読みください。


黒歴史へ封印する




その便箋をその場で読み上げてみた。

「机を見ろ・・・・」

なんだこれは・・・・・たちの悪い悪戯か・・・?

そんな事を考えながら振り返って机の方を見ると
古ぼけたラジオが乗っていた。
恐る恐る近づいてそのラジオに近づいた頃にふとあることを思い出した。

マビノギ放送局・・・・・・・

急いで時計を見ると午前3時。
ヤバイ!と思った瞬間ラジオの電源が入った・・・・・

・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・マビノギ放送が午前3時をお送りします。

こうして・・・・・恐怖の一時間が始まった・・・・・・



セトン
「さぁ~~今夜もやってまいりました!マビノギに関することで色々とやってしまおうという
このコーナー!」

???
「司会やってるセトちゃんに萌え~~~」

セトン
「もう、オグさん仕事なんだから真面目にやってよ~」

オグラーン
「ハハハ!わかってるさ。さぁどんとこい!」

セトン
「よ~し、今夜もテンションをハイにして頑張ろう!」

オグラーン
「この番組はこの場限定で紳士チックなイケメンを目指し、もこちゃんを内縁の妻に
しようとしてるオグラーンと」

セトン
「八島さんに先に嫁がれて行き遅れになったセトンが」

セトン・オグラーン
「お送りしま~す」


オグラーン
「さてはて、今夜もやってまいりました。このコーナー!」

セトン
「と、言ってもまだ2回目だけどねw」

オグラーン
「それは言わないお約束でw
・・・・てなわけでやってきました~~~~!」

セトン
「マビノギ(銀色)のことに関する質問をノリとネタでやってしまおうというこのコーナー!」

オグラーン
「このコーナーはお葉書で届けられた質問を全て答えてしまおう!
という事をやってます」

セトン
「皆様からのお葉書から1名のs・・・・・・。」

オグラーン
「さて、今日のお葉書はっと・・・・」

セトン
「で、出番が・・・・orz」

オグラーン
「銀色ギルドの超絶天然の夏神真奈さんから頂きました!
え~っと、銀色ギルド内の美乳のトップ3と微乳のトップ3を出して欲しい。
個人的にはちくりんを微乳のトップに入れて欲しい・・・・か」

セトン
「個人的にって・・・・Σ
夏さんちくりんに何か恨み言でもアッタノカナ?」

オグラーン
「その事は置いといて美乳のトップ3を決めてしまおう。
取りあえずトップは・・・・・
c0078796_16431332.jpg


セトン
「え・・・Σ
オグさんももこさんに惚れてるからってトップにしてない?」

オグラーン
「ソンナコトナイヨ。
さてはて、2位は!」
c0078796_16464119.jpg

セトン
「ほうほう・・・
自分の奥さんが2位ですか・・・・
でも、ラナさんは・・・」

c0078796_1649759.jpg


c0078796_16501348.jpg


オグラーン
「セトンちゃんも結構ラナに惚れこんでるねぇw
取りあえず今度貸そうか?」

セトン
「是非とも貸してください!ハァハァ・・・・」

オグラーン
「さ~ってお次の第3位は・・・・
やっぱり僕でしょう!」

セトン
「Σ」

オグラーン
「何を隠そう僕は・・・・・」
c0078796_16543146.jpg
セトン
「え~~っと・・・・・」

オグラーン
「美乳の特権は男にもあるはずだ~~!」

セトン
「だったら私も」
c0078796_16564274.jpg





セトン
「ロリでこんなに大きいから私も美乳だよね!」

オグラーン
「美乳はセトン&オグラーンの
同列3位で決定しました!」


セトン
「続いて微乳トップ3の方を!」

オグラーン
「その前に一旦CMです」

逃げないで・・・・・・
きっとうまく出来るから
避けないで・・・・・・
あなたの苦しむ姿を見ても笑わないから・・・・
もう3日なんでしょ・・・?
もっと溜まってしまう前に
c0078796_1731335.jpg

八神?
「浣腸してあげるから逃げるなァ~~~」
ローゼス?
「簡便してくれぇぇぇぇぇぇぇ!!」

CM終了

セトン
「つくづく思うんだけど・・・・・このCMってちょっと変ダヨネ?」

オグラーン
「あまり細かい事気にしてると嫁に行きそびれるヨ」

セトン
「余計なオセワダヨ!微乳トップ3の紹介いくよ!」

オグラーン
「微乳3位は・・・」
c0078796_1791766.jpg


セトン
「でも、八神さんとかなんで微乳なんだろ・・・?
どっちかというと・・・・」
c0078796_17132217.jpg
c0078796_1714632.jpg

















オグラーン
「八神さんが微乳なのは・・・・・」
c0078796_17155427.jpg

c0078796_17194359.jpg














セトン
「な、なるほど・・・
でも、そうなると2位は・・・・?」

オグラーン
「ん~2位は・・・」
c0078796_17221494.jpg

セトン
「なるほど~確かにてぃりさんは微乳だけど・・・」

c0078796_17241459.jpg











オグラーン
「そうだよね~確かに・・・」
c0078796_17264493.jpg


セトン
「ふぅ・・・・取りあえずここまで順位だしたけど・・・・・
やっぱり微乳トップはあの方ダヨネェ・・・・」

c0078796_1728582.jpg

オグラーン
「さすがセトンちゃん・・・
わかってらっしゃる」
c0078796_17305058.jpg









c0078796_17334100.jpg

セトン
「でもでもAカップだろうと微乳トップ1位だろうと
いい所もあるよ!なんせ微乳は・・・・」
c0078796_17372133.jpg















c0078796_17391322.jpg

セトン
「その名前は出しちゃだめ!
てなわけで伏字っと・・・ケシケシ」

オグラーン
「取りあえずここまでランクだしちゃったけど」

c0078796_1742517.jpg



セトン
「もう手遅れだ・・・ニャン♪」

オグラーン
「て、手遅れって・・・・・orz」

セトン
「そろそろ終了の時間だけどオグさんから
何か一言どうぞ」

オグラーン
「ん~っと
もし次回があるんだったら・・・」
c0078796_17471360.jpg
c0078796_17472322.jpg












セトン
「それも面白そうだけどまた機会があったらね~♪
てなわけで、この放送は」

c0078796_17491952.jpg


・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・

マビノギ放送が午前4時をお知らせします。

パチッ!←ラジオの電源が切れる音

さて・・・・・どこから突っ込んだものか・・・・・
八島さんがいつの間にか嫁いだ事になってるし、
代わりにオグさんはいるし・・・・・・

それ以前に誰がラジオを置いたのかすら謎だ。

ん?コードが延びてる?

コードを辿って行くとどうやら窓の外に出ているようだ。
気になったのでそのままコードを追って行くと、
オグさんとセトンさんがいた。
どうやら仕事が今終わったらしく一息ついてるみたいで、
横で夏さんがオグさんたちと話込んでるのが伺える。

ん?オグさん?セトさん?夏さん?

司会者:オグラーン&セトン
投稿者:夏神真奈


その瞬間ラジオの件も何もかもが頭の中で繋がった。

ふぅ・・・・あの3人が今回の件(前回もだが・・・)の首謀者だったのか・・・・
まぁ、ただのラジオ番組だし!ちょっと鬱気味になったりしたけど
こういうオチだったわけだ・・・・・(ゴゴゴゴゴゴ・・・・・)

全てを許したくなる感覚で談笑してる3人を見据えると
うちは大きく息を吸い込んだ。

あの3人を吹き飛ばす魔法を唱えるために・・・・・

以上

c0078796_17595210.jpg


マスフィアさんのウィス服~~~!
レミニアしか着てるところを見たことないうちにとってはレアです!
[PR]
by Prushe | 2006-09-24 16:14 | マビノギネタ記事
<< マビノギ暴露談! 第一回銀色ファッションコンテスト! >>



チラシ裏の日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30